「好き」を仕事に。新卒一年目の私が
テクノロジーを売る仕事に就いた理由

中村 夏菜子

2017年入社 | サプライ事業部 セールス

売り物は、
テクノロジーの詰まった広告配信システム

今担当しているのは、「Ad Generation(アドジェネ)」という自社サービスの営業です。アドジェネは、みなさんがスマートフォン内で良く目にするインターネット広告配信のシステムの一部で、アプリやWebサイトを運営するメディアの広告収益の最適化をお手伝いするサービスです。

業務内容としては、メディアにアドジェネのご紹介をし、広告設置のサポートを行います。アプリやWebサイト内のどこに・どんな形の広告を載せるかというところからご提案させていただくことも多く、メディアと同じ立場でインターネット広告に関わることができるのが、今の仕事のおもしろいところです。また誰もが知っている有名アプリを作っている方や、アプリへの情熱を持った方々にお会いし、自分の意見を直接お伝え出来ることも魅力の一つです。

Supershipに出会ったきっかけは
「好きなことを仕事にしたい。」という思いから。

就職活動がはじまったばかりの頃は、商学部だからというなんとなくの理由で金融機関や電機メーカーなどの会社を受けていました。やっと自分の将来について真剣に考えたのは、実際にとある会社から内定をいただいたときでした。働くイメージが明確になってきて、ハッとしたのです。自分が興味を持っていることと関係ないことを仕事にしようとしていることに気付き、これではいけないなと……。

そこで、純粋に自分が好きなことを仕事にしたいと考えたときに、インターネット業界にたどり着きました。メッセンジャーアプリやSNSアプリは、友達とコミュニケーションを取る上でなくてはならないものですし、日々の会話でもスマートフォンアプリの話で盛り上がることがあります。また、昔から流行りものが好きだったのですが、インターネットは、その流行りものをいつも一番に教えてくれるものでした。感性的な表現になってしまいますが、世の中の大きな流行ど真ん中にあって、揉まれつつも成長している…インターネットのそういう感じに惹かれました。

意識が変わり、改めて就職活動をはじめたときにSupershipに出会ったのですが、最初の印象はなんかすごそうな会社だなっていうものでした(笑)。当時インターネットに関してなんの知識もなかったので理解が追いつかない部分も多かったのですが、強く印象に残っているのは、データやテクノロジーは、私が普段使っているものに密接しているということでした。インターネット広告の配信システムを提供する会社に入ることで、自分が普段使っているアプリを始め、様々なメディアに関わることができるというところに魅力を感じ、入社を決めました。

新卒採用を始めて間もないからこそ、
気にかけてもらえる

新卒一期生ということにはワクワクしつつも不安もありました。業界歴の長い中途の方しかいない中に新卒が入っていったら邪魔に思われるのではないかなど、いろんなことを考えていました。でもいざ入ってみると、新卒の写真入りポスターがオフィスに貼り出され紹介してもらえたり、普段ゆっくりお話しする機会が少ない社長や取締役とのランチをセッティングしてもらえたり、気にかけてもらう機会は多いです。そういう背景もあり違う部署の先輩も私たちのことを知ってくれていて、分からないことがあったときに質問しやすい関係ができているのがありがたいです。

業務については、一年目から多くのメディアと関わって、実務をこなしながら、インターネット広告業界の知識が身についてきているのを実感します。自分がチャレンジしたいことを応援してくれる周りの先輩方がいて、自分の好きな領域で挑戦できる環境がSupershipにはあります。その中で大切なことは、日々変化するインターネットの世界で、自分もスピード感を持ってスキルアップしていくことだと思っています。

今後は、担当するメディアをどんどん増やしていき、友達との会話の中で、「そのアプリに入ってる広告、実は私が担当したんだよねーっ」という話ができるようになれたら嬉しいなと思います。
普段アプリを使っていて、「このキャラかわいいよね!」とか、「この機能マジいけてるよね!」という会話と同じように、「あの広告みた?メッチャおもしろいよね!」って、友達の間でも話題に出るような、ユーザーにもメディアにも喜ばれるインターネット広告の世界をどんどん提案していきたいです。

中村 夏菜子

2017年入社サプライ事業部 アドジェネ部 パブリッシャーリレーションG

2017年、新卒採用一期生として入社。サプライ事業部にて、SSPサービス「Ad Generation(略称:アドジェネ)」の営業担当として、アプリやWebサイトを運営する企業の収益最大化に貢献している。学生時代はインターネット広告やテクノロジーに関する知識が全くなかったが、入社後キャッチアップし第一線で活躍中。

PAGETOP